祝10周年!シカゴ寄席 さん喬師匠・正蔵師匠 二人会 【JPN/ ENG】

―ミドルベリー大学では、どんなことをしたのでしょうか。
-What did you do in Middllebury College?

正蔵師匠:授業の中では、落語の実演しその後質問コーナーの時間を作りました。また発表会では私は英語での小話と井上ひさしの「握手」の短編小説の朗読をしました。私は落語の他にもナレーションの仕事のオファーも頂いており、例えば朝の連続テレビ小説の「梅ちゃん先生」では語りを担当をしておりました。
During the class, we made the time of question and answer. And also in the recital, I spoke short story and I read the short novel, AKUSYU (Shake hands) that made by Hisashi Inoue, in Japanese. In Japan, I have worked narration works before, so I did that.

―授業では生徒さんが朗読して、それを指導するような形でしょうか。
-Before I teach, these students read during the class, right?

正蔵師匠:はい、そうです。この短編小説をテキストとして、朗読し生徒さんたちがシナリオを書いて読みました。句読点の「、」や「。」はどういう意味なのか、そのセリフを登場人物がどのように語っているのかを考えながら、読むようにという授業をしました。
Yes, that’s true. To use short textbook that is novel, theses students made scenario and then read. We taught and focus on how to use the punctuation mark.

―今回生徒さんと話しをして、日本では考えられない奇想天外なことはありましたか。
-Did any of your students have funny, interesting or memorable stories?

正蔵師匠:今回面白かったのは、6人いる上級クラスで、日本のどこが好きか、という質問をしたところ「居酒屋」が好きと答えた生徒さんが2人いた。その2人に居酒屋の何が好きかと聞いたところ、1人の人が「唐揚げ」といい、もう1人の女の子が「タコブツ」と言いました。確かに唐揚げはフライドチキンだから人気であることはわかるが、タコブツ、これを好きと答える生徒さんがいるとは思わなかったので驚き、面白かったですね。おそらく留学していた時に誰かに居酒屋に連れて行ってもらったのでしょうが、まさか居酒屋で一番好きなものがタコブツだったのは思いがけず笑ってしまいました。
The funniest moment recently came from my senior class, which consisted of just six students. I asked the class what part of Japan did they like or enjoy the most? Two of my students said they liked Izakaya but someone else said “Karaage!” which is Japanese fried chicken. Another person responded they liked “Tako Butso,” chopped octopus. When I originally asked the question I didn’t think they would respond with their favorite food from Japan! I laughed!

―今日の二番目の新聞記事の迫力のある滑稽話の演目をどうして選ばれたのか、今日の演目を選ばれた理由はなぜですか。
-How did you decide the second story in the newspaper? It was so powerful and impacted everyone. What made you select these stories now?

正蔵師匠:さん喬師匠から演目内容の連絡があった後、仲入りは人情話をし、仲入りで休憩後、少し短めに師匠の飛びネタに、という打ち合わせをしました。
I received a message from the Master to talk with him about the story. I decided the first story would be about the Master, the second story dealt more with humanity and the Masters final story was my third selection.

―今日の客席の様子は舞台から見えましたか。
-What were your thoughts during your time in this atmosphere?

正蔵師匠:前回に比べて、暗かったです。暗かったので、客席にいるお客さんの顔は見えませんでしたが、反応はよかったです。毎年、師匠がもう10回目で、お客さまが落語を聞いてくださったり、日本を想ってくださったりそういうお役に立てれば良いな、と思っています。これはやはり、初めてではできることではなく、回数を重ねた分だけ、師匠がこの長年で切り開いてくださったこのシカゴというところで公演をできることは嬉しいことだと思います。
I felt the atmosphere was good to compare my last time to how it felt now. It was darker this time and I couldn’t see their face. Once a year we travel to Chicago and we perform “Yose”. This is our ten year anniversary so we want you to think of Rakugo when you think of Japan. It won’t ever be as perfect as the first time, the Master perfected this craft and opened the door for us to come to Chicago. I’m very pleased.